読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧島の日記(完結)

書く理由がなくなったので完結しました

2017.2.13

月曜日。仕事。

デスクワークで一日中座りっぱなし。

 

昼食は売店の弁当だったが、失敗作なので割引です、とのことだった。確かにひどい出来だった。しかし、こんなことでも退屈な日常に変化がついて、救いになる。

 

働いて過ごした一日は、どう振り返ってもネガティブな感情しか起きない。金の代わりに大事なものを失くしている。

 

ラ・ラ・ランドはきっと楽しい映画だろう。僕はそれがどういう映画かほとんど知らないが、タイトルと写真からそう思う。こんな映画を映画好きの彼女と観られたらどれだけ楽しいだろう。

この映画の監督はセッション!の監督と同じ人だ。あの映画は極端に戯画化されたジャズ映画であり、軽く笑って観るのが丁度いい。しかし、あれがシリアスだとしたら、全く笑えない。

公開当時、セッション!評を巡って二人の批評家が小競り合いをしていた。その中でバードマンが引き合いに出されていた。僕はバードマンを観て、大変興奮し、非常に満足したものだが、ラ・ラ・ランドのエマ・ストーンはバードマンにも出演しており、これら3つの映画は僕の中で無視できない関係にある。セッション!は決して優れた映画だと思わないが、その監督がラ・ラ・ランドで一矢報いるなら、僕はアンビバレンスを禁じ得ない。

 

意中の人からはまだ返事が来ない。待つつらさもさることながら、だんだん自信がなくなってきて、それがまたつらい。一緒に映画を観に行ったのは心から楽しかった。それがこの先ずっと続けばいいのに、と思った。ラ・ラ・ランドはきっと一人で観るだろう。