読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.2.27

月曜日。死の曜日。

 

デスクワーク。退屈極まる。職場はホワイトな方だと思うが、この退屈さは人生における重大な損失、障害だと思う。労働の社会的意義の重要性を無視するわけではないが、個人的な感覚(楽しいとか退屈だとか)は、個人からすればそれが全てであり、個人的感覚における重大な損失とは、死のようなものである。つまり、仕事が死ぬほどつまらない。しかし、それはそういう種類の仕事だからだ。

 

帰宅後はペルソナ5をプレイ。未攻略のコープを攻略中。各登場人物とのイベントをこなしていくと親密さが高まり、さらなるイベントを見ることができる。異性のコープであれば、交際関係に至ることもできる。主人公は現実ではありえないほどのスーパーモテ男なので、全ての異性キャラと同時に交際することもできる。それがもたらす異性キャラ同士の修羅場も恒例となっている。尊い学びがある。

 

注文していた量子力学の入門書が届いた。初めの方しか読んでいないが、かなり平易に書かれていて、概要的な部分を浅くカバーすることができそうな感じだ。別に深いところまでがっつり理解してやろうという野心があるわけではないので、これくらいでちょうどいい。入門は、嫌にならない程度に易しいところから行うのがいい。

量子力学は、現代的な科学的世界観の中心にあるもので、それはかつての古典的物理学が示すような因果関係、因果律を超えた世界観であるらしい。未知の、あるいは人知を超えた世界に想いを馳せるのは、科学でも神秘主義でも同じであると思う。タロットを学ぶように量子力学を学び、量子力学を学ぶようにタロットを学ぶことに、僕自身は何の矛盾も感じない。