読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.3.6

月曜日。

 

夜中に謎の腹痛で目が覚めた。しばらくしたら収まって、気付いたら朝だった。なんだったのだろう。夜中に急に具合が悪くなるの怖い。日中、おなかを冷やしたのかもしれない。

 

労働。何のために働いているのか、といったことを考え出すとどうしようもなくなる。ただ求められている役割を演じているだけで、やりがいだとか使命、責任なんて知ったこっちゃない。金銭のために正しく演技をしているだけ。それでも、演技が正しいので成り立っている。やりたくないことをやって、金銭を受け取っている。それだけ。

 

久しぶりにジャムセッションへ。学生ホストで客も少なく、最初は冷え冷えとしていたけど、だんだんと人が集まってまあまあ盛り上がった感じ。たまたま行き合った知り合いと駄弁るのが楽しかった。気心知れた仲間との会話がいい慰みになる。

 

こうやって日々心を満たし、苦しみを忘れさせてくれるものがあるのなら、いっそあの人のことは忘れてしまった方が幸せなのではないかという考えがよぎった。心の隙間を満たしてくれるものを求めるがあまり、それが却って孤独や苦しみを強めている。

あれからひと月が過ぎた。彼女の気持ちもわからないままだし、今後どうなるかもわからない。ただ苦しいばかりの時を過ごし、果たしてこれが何になるのか、自分でもわからなくなってきた。彼女に会って、顔を見て、声を聞けば、すぐさま恋心が戻るだろう。だが、今はもうなんだかよくわからないし、どうでもいい気分になりつつある。会わないでいるということは、怖いものだ。

沈黙の一か月を不誠実だとは思わない。しかし、それは理性の上でのことであり、本心ではつらく長い待ちに不満を感じている。だが、彼女には彼女なりの状況があり、こちらのわがままばかりが通用するわけではない。理性と動物的な本能が葛藤を起こしている。