読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧島の日記(完結)

書く理由がなくなったので完結しました

2017.3.13

月曜日。

 

労働。月曜は死の曜日。憂鬱が充満せし、死の曜日である。青は藍より出でて藍よりもブルーな月曜日。

 

昨日のことをずっと考えていた。悲喜の入り混じった複雑な感情。彼女は迷っている。僕はもう待つだけではなく、攻めていきたい。受け身でいて、ただ結果を待つだけというのはつらい。永遠にも思われる一か月を過ごし、そのつらさに耐えかね、彼女にはその心の内を明かした。彼女もそのことは分かっていた。迷う彼女を押せば、状況は変わるかもしれないという抑えがたい期待。

 

何となくまたお笑いDVDを借りてみたけど、全く観ようという気が起きない。こういう破綻した行動は何なのか。

 

久しぶりのケルト十字スプレッド。重大にして強力なスプレッドであるように感じているので、そう頻繁に実行するべきではないと思うが、彼女との状況が動いたので、改めて展開する意義があると判断した。内容としては全体的にぼんやりした感じになったけど、要所に恋愛や好意に関するカードが出現し、なかなかの共時性を示している。

一応記録までに。1、カップのクイーン。2、教皇逆位置。3、ソードのエース。4、カップの4逆位置。5、ワンドの10。6、ペンタクルのナイト。7、恋人たち。8、ワンドの3逆位置。9、カップの8逆位置。10、ソードの6。

多分、心をオープンにして、能動的に行け、という助言だと思う。というか思いたいけど、自己リーディングのバイアスかも。

リーディングに勤しんでいたら、結構な時間になってしまった。摂生はどこに行ったのか。