読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧島の日記(完結)

書く理由がなくなったので完結しました

2017.3.21

火曜日。雨。

 

朝からしとしとと雨が降っていてとても良かった。雨の日は人が静かだ。陽が出ない分、意識がぼんやりとするのだろう。人間の意識や気分は物理的な環境に影響されるものだ。気の持ちようなどといって、意識一つで気分をコントロールできると考えるのはおこがましい。雨が降ると、そんなことを思う。

 

労働。可もなく不可もなく。何事もない平和で退屈な時間。ただ、同僚の仕事っぷりが少し気になる。能力的な信頼性に疑義が生じている。だが、これは僕がどうこうできる問題ではない。使用者や管理職の問題だ。

こういう困った事態に陥った時、自分が管理職なら何ができるだろうと思うが、特に改革もせず、問題放置、現状維持という堕落に至りそうだ。つらい。能力に問題のある人を上手く操縦することほど難しいことはないだろう。

 

買い物をして帰る。日用品。普通の日常。面白いことは何もなし。平和。退屈。

 

映画の続きを観る。そんなに面白くなかった。マネーモンスターという作品だったけど、別に内容は詳しく書かなくてもいいか。テンポ感やクライマックスの配置、伏線の強さが足りなかった。シナリオは非常に単純であり(悪い意味で)、洗練不足を感じる。個人的には外れだったけど、そういう鑑賞体験も経験のうちと思えれば前向きになれるかもしれない。しかし、だからといってつまらない作品を進んで観たいわけではない。つまらない作品を観ていつも思うのは、これがデートじゃなくてよかった、ということ。だけど、駄作を観るデートもそれはそれで味わいだと思う。

 

アマゾンプライムでも作品漁り。僕はプライム会員だけど、プライムビデオはあまり利用していない。だけど、わざわざDVDを借りてくるより、プライムで観られるものはプライムで観た方が賢い。というわけで漁ってみた。

あれこれ漁っているうちに、プライムビデオで推されまくっているドキュメンタルというお笑い番組に行き当たった。それを観始めたら、つい最後まで観てしまった。挑戦的で実験的な内容(笑ってはいけないをより尖らせた感じ)で、賛否が激しく分かれている。個人的にも、いいところとだめなところがそれぞれあると感じた。お笑いのリアルに関心のある人には学びがあるかもしれないけど、単純に楽しみ、消費したいと思う人には厳しい感じ。しかし、教訓や含蓄は多いと思うし、そういう意味で実験をした意義は認められると思う。ただ、二度観るかと言われると、ちょっと。

 

何か微妙な余暇の過ごし方。明日はもっと計画的に過ごしたい。