読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧島の日記(完結)

書く理由がなくなったので完結しました

2017.3.26

日曜日。雨。

 

昨日は3時くらいまでニコ生の配信を観ていたので、昼まで寝ていた。おもしろい話を聞きかせてもらう配信、という配信。すべらない話みたいなエピソードトークをリスナーが披露するものだけど、あちらとはまた違った独特の雰囲気があり、大変面白い。

 

昼はまたペスカトーレ。食材が余っていたので。魚介は早めに使い切らないと。

 

携帯機種変更。iPhone5からiPhone7に。もう長いこと使っていたけど、そろそろ替えてもいいかと思い、変更。料金がどうなるか検討するのが面倒だったので、お店の人に任せた。旧機の支払いは完了していたし、旧機下取りや累積ポイントなどの活用で本日支払いは無料となった。長年同じキャリアを利用しているので、月の支払いも多少減額してもらえる。素晴らしい。

一番の懸念材料だったデータ引き継ぎについては、紆余曲折があったものの、結果的に問題なく引き継げた。もともとiTunesによる引き継ぎを想定していたが、こちらは謎のエラーにより失敗。正直取り乱したが、iCloudによる引き継ぎによって復元できたので、ひとまず安心した。もしiCloudバックアップが不完全だったらと思うとぞっとしない。

それから、ゲームアプリについては一切の引き継ぎをしなかったので、長年課金したりクランに参加したりしていたものについてはきれいさっぱりになった。これでいい。スマホゲーに何時間も費やして、何万も(僕はそこまでではなかったけど)支払いをするのは、個人的には停滞でしかないと思う。ゲームは時に人生を動かすエネルギーをもたらすこともあるけど、単なる暇つぶしにもならない無益にして不毛なることもある。今まであれこれ遊んだり試したりしてきたけど、振り返ってみると、何の益にもならないものばかりだった。今でもゲーム好きではあるけど、経験的蓄積にならない無駄なプレイはしたくない。

初期設定などに煩わされるところもあったけど、とりあえず通常の使用に堪える程度には設定を済ませられた。明日からより快適なスマホライフを送ることができる。

ところで、iPhone7の特徴といえば指紋認証である。指紋認証により煩わしいコード入力を省略できるので、セキュリティと利便性を同時に向上させられる。しかし、例えば、寝ている間に他人や身内にセキュリティを突破されるリスクもあり、穏やかならざるものがある。僕にとってはどうでもいいけど。

 

本が届いた。ペンギンの憂鬱。帯の内容をネットで見かけて惹かれた。以下に引用。

”恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は――。”

 

夜の雨散歩。静かでしっとりとした時間。いつもの神社へ。腰を掛けられる石が濡れていたので、座ってゆっくりすることはできなかったけど、多少の慰みを得ることができた。今度の週末こそはあの人に会いたい。