読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霧島の日記(完結)

書く理由がなくなったので完結しました

2017.4.2

日曜日。

 

昼頃起床。布団を干した。

昼食はボンゴレ。出来はまあまあ。

 

溜まっていたレシート類を整理。家計簿はエクセルを使っている。以前は紙の家計簿を使っていたけど、どう考えてもデータで扱った方が楽だ。

支出をあれこれ記入していると、その当時の出来事や思い出が蘇ってきて、いろんな気持ちになる。友人と美味い物を食べに行ったり、飲んだり遊んだりしたことや、意中の人と出かけたこととか。思い出は物に宿る。物だけではなく、景色や音やにおいにも。レシートが起こす感情もなかなかのものだ。

ところで、レシートでは全ての支出記録を網羅しきれない。自販機とか、レシートをくれない店とか。なので、口座残高の年間推移と、家計簿上の収支を突き合わせて、差分を計上漏れ支出として扱うことにしている。しかし、去年の差分がマイナス値になり、混乱に陥った。ここでマイナス値が出てくるのは、計上漏れ収入があるという意味になるが、心当たりがない。何か記載上の誤りがあったのだろうか。謎なので、放っておくことにした。別に誰も困らない。自分が年間の大体の収支を把握できればいいだけなので。今年はそういうことが起きなければいい。

 

記帳も長らくしていなかったので済ませた。楽器のローン返済を見ると、何とも言えない気分になる。さっさと一括で返済したい。その額は既にある。返済手数料が惜しい。奨学金返済分も引かれているけど、無利子なので、こちらは急いで返す必要はない。後は、カード用口座の取引記録も閲覧。月額、年額サービスの支払い、ネット通販やiTunesの支払い、高速道路の利用料支払などなど。金のことを考えると気分が塞ぐ。

収支にまつわる諸情報を取得し直した上で、さらに家計簿を更新。源泉徴収票を眺め、また気分が塞ぐ。金が欲しい。人間の心を安定させるのは愛と金だ。結婚、住宅や車の購入、税金の支払い、ローンの返済、子供の教育費、種々の保険、病気、入院。将来不安が駆りたてるのは貯蓄の欲求だ。歳を重ねるほど、そういう夢のないものに振り回されるようになる。そして節約、節約、節約。想像しただけで心が痩せる。そしてさらに、馬鹿げた労働。そそり立つ中指。

 

楽器の練習。反復が養うのは、筋肉と運動神経。基礎力が自由をもたらす。

 

服を買いに行った。モールの中を巡り、品定めをし、気に入ったものを買った。帰りにガソリンを入れた。また支出。

 

明日は新職場での労働。考えるだけで鬱陶しい。日曜の終わりは、悲しみ。